マウンテンバイクを展示販売する京都市中京区の自転車店一覧

絞り込みを変更

京都府にあるおすすめMTBショップ一覧

京都府にあるおすすめマウンテンバイクショップ一覧

" MTB=マウンテンバイクは舗装化されていないオフロードを走るために作られたスポーツ自転車。
 マウンテンバイクレースのカテゴリーはダウンヒル、エンデューロ、クロスカントリー、クロスカントリーマラソン、デュアルスラローム、4X(フォークロス)、ダートジャンプなどがあります。
 それぞれに特化したMTBが販売されていて、たとえばダウンヒル用のMTBは前後に200mmものロングストロークのサスペンションを装備していますが、クロスカントリー用のMTBはフロントだけにしかサスペンションが無かったり、リアにあっても100mm程度のショートストロークな物を装備しています。
 日本のレースでは特にエンデューロ、クロスカントリーマラソンが人気で、登りと下りを組み合わせて速く走れるエンデューロバイク、クロスカントリーマウンテンバイクが適しています。
 自転車通勤や通学でマウンテンバイクを使用する人も多く、太いタイヤと丈夫なフレーム、強力なブレーキは毎日の走りを楽にしてくれます。クロスバイクに比べるとスピードは出ませんが、走行時間が30分程度であればMTBで自転車通勤というのの選択肢です。
 マウンテンバイクのモデル選びで迷うのがホイールサイズです。2010年まで主流だった26インチホイールというのはほぼなくなり、今は27.5インチと29インチの2サイズが主流です。
 走破性を重視するなら29インチのマウンテンバイクを、取り回しの良さを重視するなら27.5インチの自転車がおすすめです。
 実際にまたがってみないと29インチのサイズ感は分かりにくいので、自転車販売店に行って相談することをお勧めします。
 以下でマウンテンバイクに強いお店を順番にご紹介しています。"

店舗面積
~150㎡ ~150㎡
中心価格帯
10万円 10万円
試乗車
ロードバイク
1 台
クロスバイク
1 台
展示の多い自転車タイプ
このお店で購入するメリット
簡易点検、エアー調整など無料にてサポートします。自転車安全整備士、自転車技師取得スタッフが常駐しておりますので、安心してメンテナンスをお任せください。
店舗面積
~150㎡ ~150㎡
このお店で購入するメリット
フレーム販売のみというストークのラインナップも、 それぞれのお客様の乗り方、ご要望に合わせた細やかなサービスを提供していくためのこだわりです。 自転車技士、自転車安全整備士の資格を持った専門スタッフが、お客様の安全、安心のストークライフをサポートします。
このお店で購入するメリット
自転車のきゅうべえが創業して50年間、お客様にご愛顧いただいているのは、ただ単に自転車を販売だけするだけではなく、常にお客さまの気持ちになり、お客様の求めている商品・サービスを心を込めて提供させていただくよう、いつも心がけているからだと考えております