クロスバイクを展示販売する京都市左京区の自転車店一覧

絞り込みを変更

京都府にあるおすすめクロスバイクショップ一覧

京都府にあるおすすめクロスバイクショップ一覧

クロスバイクとは、ロードバイクの軽快さと、マウンテンバイクの乗りやすさを足して2で割ったスポーツサイクルです。
車種によって35Cの太めのタイヤを履いたマウンテンバイクに近いクロスバイクや、ロードバイク並みに細いタイヤで高速走行に向いたモデルもあります。
クロスバイクの価格は4万円から20万円までと幅が広く、4万円のクロスバイクはアルミフレームにリア7段変速、フロント3段変速が主流です。20万円のクロスバイクになるとカーボンフレームにリア10段変速という豪華なモデルもあります。
5万円台のクロスバイクでも重量はわずか10kg程度しかないので、一般的なママチャリに比べると半分の重量しかありません。そのため初心者でも軽快に走ることができます。
クロスバイク選びで特に注意したいのはタイヤの幅です。
タイヤの幅が太いクロスバイクは乗り心地が良く、空気圧不足によるパンクのリスクが少ないので、自転車通勤や自転車通学に向いています。
サスペンションを装備したクロスバイクもありますが、35Cの幅があればクッション性は十分です。
ロングツーリングなどで1日中郊外を速く走りたいという人は28C程度の細いタイヤを装備したクロスバイクがおすすめです。別名フラットバーロードとも呼ばれる細身のクロスバイクは前傾姿勢も強めで空気抵抗も少ないです。
クロスバイクを買う時の注意点は実際にまたがってみることです。
ママチャリと異なり、クロスバイクは3~5種類のサイズがあります。Tシャツと同じく、サイズが合わないクロスバイクに乗ると疲れやすかったり、ハンドル操作がうまくいかずに危険なこともあります。
クロスバイクを買う前にはお店に行って、自分の体形と体の柔軟性にフィットするサイズをアドバイスしてもらいましょう。メーカーによっては適応身長を書いている会社もありますが、あくまで目安として考える程度にしておきましょう。
自転車専門店に行けば試乗もさせてくれますし、その後のアフターサポートも安心です。
クロスバイクには自動車のような車検制度はありませんが、購入後1か月、半年、1年の点検が必要な乗り物です。
近くの専門店で購入しておけばいざという時にしっかり対応してくれます。

クロスバイクの他にもスポーツバイクの種類はたくさんあります。
・レース用の自転車として開発され、軽量フレームと細いタイヤの「ロードバイク」
・ロードバイクにワイドタイヤを装備した「グラベルロード」
・ロードバイクのオフロードレース用の「シクロクロス」
・ワイドタイヤでダート走行にも対応する「マウンテンバイク」
・小さなホイールで扱いやすい「ミニベロ」
是非自転車専門店へ足を運んで自分にピッタリのスポーツ自転車を見つけてください。

店舗面積
~150㎡ ~150㎡
中心価格帯
10万円 10万円
サービスの充実度
整備の充実度
point4
購入後のサポート
point1
試乗車
ロードバイク
1 台
クロスバイク
1 台
MTB
1 台
ミニベロ
1 台
キッズ
1 台
展示の多い自転車タイプ
このお店で購入するメリット
お近くの方は配達料無料!メンテナンスも無料!パンクも1年間は無料!学生さんは防犯登録も無料!
店舗面積
~350㎡ ~350㎡
このお店で購入するメリット
きゅうべえsportsは高い専門性を持ちつつも、初めての方・女性の方にも分かりやすくご説明いたします。本格派の方には、トレーニング方法のアドバイスをさせていただいております。気軽に立ち寄れて、何でも聞けるお店づくりを日々心がけておりますので、是非お気軽にご来店ください。
店舗面積
~350㎡ ~350㎡
このお店で購入するメリット
自転車のきゅうべえが創業して50年間、お客様にご愛顧いただいているのは、ただ単に自転車を販売だけするだけではなく、常にお客さまの気持ちになり、お客様の求めている商品・サービスを心を込めて提供させていただくよう、いつも心がけているからだと考えております
店舗面積
~250㎡ ~250㎡
このお店で購入するメリット
自転車はいくつものパーツで作られていまので日頃からの点検が欠かせません。 エイリンでは自転車無料点検を随時実施しております。 自転車のパーツ一つ一つをチェックいたします! 少しでも自転車の調子がおかしいと感じられたらお近くのエイリンにお気軽にご相談下さい! ※店頭への持ち込みのみの自転車に限ります。 ※修理や部品交換は実費となります。(その場でお見積りいたします。) ※店頭混雑時にはお時間をいただく場合がございます。予めご了承ください。
店舗面積
~150㎡ ~150㎡
このお店で購入するメリット
“初めて”のクロスバイクや“初めて”のロードバイクをサポートできるように、沢山のメーカーからスタッフがオススメしたい自転車を数多く展示しています。 また、小さな子供がいるパパスタッフが、奥様のわがままをかなえられる電動アシスト自転車やお子様向け自転車を同じユーザー目線でご提案致します。